ビザ申請・ビザ更新・帰化申請

国際結婚・永住許可・帰化・就労ビザ取得・ビザ更新など、日本で中長期に滞在する予定の外国籍の方のビザに関するご相談や書類作成・提出のご依頼をお受けいたします。

必要であれば弊社と提携している通訳者が同席しますので、日本語が十分に話せなくても、英語・中国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語でのご対応が可能です。

メールやLINEでのご相談無料!

各種ビザの手続きのこと、必要書類のこと、料金のこと、お気軽にご相談ください。

メールやLINEからのご相談は無料です。

【メールでのお問い合わせはこちら】


【LINEでのお問い合わせは以下のボタンかQRコードで!】

友だち追加

行政書士にビザ申請を依頼するメリット

ビザ申請はご本人で行なうこともできますが、行政書士に依頼することで以下のようなメリットがあります。

1.仕事を休まなくてよい

本人でビザ申請を行う場合は、出入国在留管理局(支局・出張所)に最低でも2回は出頭しなくてはなりません。出入国在留管理局は、平日の午前9時から午後4時までしか開庁していませんから、手続きのためにお仕事を休まなくてはならないときも出てきます。

行政書士の中でも、申請取次行政書士の資格を持っている人は、ご本人に代わって書類提出や許可証の受領が認められていますから、依頼者は仕事を休んで遠くまで手続きに行く必要はなくなります。

2.あれこれ思い悩まずに済む

ビザの手続きは日本に在留できるかどうかが決まる大事な手続きです。しかし、簡単な手続きではないため、必要書類を集めることも、書類の作成についても、あれこれ悩んだり、不安を感じる方が多いようです。

「本当に許可がもらえるだろうか」と、心配する毎日を過ごすことは精神衛生上も良くありません。

行政書士は、手続きのプロですから安心して任せておけますし、書類を揃えたり、書類の作成で悩む必要はありません。

3.不許可の可能性を減らせる

行政書士は多くの申請を扱っているため、事前に不許可になりそうな要素が分かりますし、必要条件を満たすために必要な事柄も分かります。

そのためご自身で申請を行うよりも不許可の可能性を減らすことができます。一度不許可になると、その後6ヶ月間は再申請が行えませんから、不安な状況で自分で申請するよりも、行政書士のアドバイスを受けながら申請する方が安心です。

料金表

メールやLINEでのご相談無料!

各種ビザの手続きのこと、必要書類のこと、料金のこと、お気軽にご相談ください。

メールやLINEからのご相談は無料です。

【メールでのお問い合わせはこちら】


【LINEでのお問い合わせは以下のボタンかQRコードで!】

友だち追加