ビジネス関連

コロナ対策

新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査に関する相談や、N-CHATの活用等に関する相談窓口

内容:事業所内での感染予防対策に関して、事業者からの自主的なPCR検査についての相談、N-CHATの活用方法等に関する電話相談窓口を設置

詳細はこちら

緊急相談窓口の設置(中小企業診断士協会)

内容:新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、給付金や補助金など各種支援制度や融資等の申込を検討されている事業者の皆様に、専門家が活用方法をアドバイスするとともに、申請等に必要な書類作成などを支援します。

費用:無料(原則1事業者につき3回まで)

利用期間:令和3年4月1日から令和3年9月30日まで

詳細はこちら

一般

令和3年度企業者組合成長戦略推進プログラム等支援事業

金額:85万円

内容:組合員である小企業者の経営基盤の強化や生産性の向上を目指した、既存の共同事業の改善や新たな事業開発のためのフィージビリティ・スタディ(実現可能性調査)、さらにはフィージビリティ・スタディの結果を具体化するための事業に対して助成を行い、小企業者及び小企業者組合の活性化を支援します。

対象経費:謝金、旅費、会議費、借損料、通信運搬費、印刷費、原稿料、消耗品費、雑役務費、委託費

公簿期間:2021年7月1日〜2021年7月31日

詳細はこちら

令和3年度取引力強化推進事業

金額:50万円

内容:国際化の進展、国内市場の縮小、消費者ニーズの多様化、環境問題への対応等経営環境が大きく変化している中で、資金、人材、情報等の経営資源に大きな制約がある中小企業及び小規模事業者の収益は伸び悩んでいます。

対象経費:謝金、旅費、消耗品費、会議費、印刷費、会場借上料、雑役務費、通信運搬費、委託費

詳細はこちら

人材

長崎県外国人材日本語教育支援事業補助金

金額:50万円

内容:令和3年度から、外国人材の受入促進と適正な受入れに向けた動きが求められる中、県内監理団体等が実施する技能実習や特定活動の在留資格を持つ方々に対する日本語学習への補助を行い、長崎県における魅力的な実習環境の整備を支援することとしています。

公簿期間:2021年6月14日〜2021年7月30日

詳細はこちら

令和3年度長崎県離職者雇用促進助成金

金額:無期雇用 1人あたり 30万円、有期雇用 1人あたり 15万円

内容:県では、新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた方を無期又は有期雇用労働者として雇い入れた県内の中小企業事業主等に対して、助成金を支給します。

対象期間など:対象労働者を令和3年3月12日から令和3年11月30日までに無期又は有期雇用契約で雇入れ、3ヶ月以上継続して雇用した県内中小企業事業主

詳細はこちら

令和3年度長崎県緊急雇用維持助成金

金額:100万円

内容:新型コロナウイルス感染症の影響により従業員を休業や在籍型出向により雇用の維持を図る事業主の負担を軽減するため、国の「雇用調整助成金」及び「緊急雇用維持助成金」、「産業雇用安定助成金」(以下「雇用調整助成金等」という。)の県独自の上乗せ助成を実施いたします。

公簿期間:〜2022年3月4日

詳細はこちら

特定業種

ナガサキ地域未来投資促進ファンド事業による助成事業

金額:100万円

内容:地域未来投資促進法に基づき長崎県が策定した基本計画に定める3つの分野と、本県製造業の一定の割合を占め、本県の特色ある産業のひとつである食料品製造業分野を合わせた4つの分野を支援重点分野として、県内の中小企業者等が、長崎県の強みを活かして経営の革新や創業を行う取り組みについて、助成事業による支援を行います。

公簿期間:2021年6月14日〜2021年7月16日

詳細はこちら

長崎県外国人材日本語教育支援事業補助金

金額:50万円

内容:令和3年度から、外国人材の受入促進と適正な受入れに向けた動きが求められる中、県内監理団体等が実施する技能実習や特定活動の在留資格を持つ方々に対する日本語学習への補助を行い、長崎県における魅力的な実習環境の整備を支援することとしています。

補助対象:講師の謝金及び旅費、教材費、会場使用料、消耗品費、受講料、交通費、通信環境整備に要する経費、その他の経費で知事が必要と認める経費

公簿期間:第1回目:令和3年6月14日(月曜日)から令和3年7月30日(金曜日)まで
第2回目:今秋頃

詳細はこちら

長崎県障害者施設新型コロナウイルス感染症スクリーニング事業費補助金

金額:18,500円

内容:新型コロナウイルス感染症が発生した場合、重症化リスクが高く、クラスター化する恐れが高い入所系障害者施設において、施設内感染を未然に防止するため、新規入所者等の入所前に実施するPCR検査等について、基準額の範囲で県が補助する。

対象経費:検査等の費用

公簿期間:2021年4月1日〜2021年9月24日

詳細はこちら

生活関連

コロナ対策

新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査に関する相談や、N-CHATの活用等に関する相談窓口

内容:県民からの自主的なPCR検査についての相談や健康に関する相談を受け付ける薬局を指定

詳細はこちら

住居確保給付金

金額:長崎市:3.6万円~5.6万円、長崎市以外:3.2万円~5万円
※世帯の人数により異なります。また、自治体により異なる場合があります。

内容:新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を踏まえ、休業等に伴う収入減少により、離職や廃業に至っていないがこうした状況と同程度の状況に至り、住居を失うおそれが生じている方に対して、住居確保給付金を支給します。

詳細はこちら